sweet couple

結婚での電報

多様化する結婚式電報

結婚する二人にお祝いの気持ちを届けたい。 それを伝える手段にお祝いの電報ー祝電があります。 かつては電報と言うと電話で申し込んでいたものですが、現在ではインターネットや携帯サイトから申し込みすることができます。 インターネットや携帯サイトのお申込みですと24時間受け付けてくれます。 サイトには様々な結婚式用の文例が用意されているので、祝意を届ける文章を考えるのに役立ちます。 また、最近ですと祝電の台紙に様々な種類が用意されています。 台紙自体の種類も豊富ですが、台紙と一緒に何かをつける電報サービスも充実しています。 具体的には、キャラクター人形やお花、フォトフレームや、工芸品などです。 このようなサービスは結婚式に相応しいお祝いのメッセージより一層引き立たせます。

料金は色々と選べます

さて、電報の料金ですが標準的な課金の算出方法は文字の金額+台紙等の金額となっています。 平均的な値段は結婚式の祝電の場合60文字の場合1200円程度+台紙1500円(台紙のみ)が目安になります。 品物付の台紙ですと高くなります。 一方、電話で申し込むよりインターネット申し込みの方が安くなったり、結婚式よりも数日前に送付予約をしておくと割引になるサービスがあったりするので、 サイト上で確認して祝電を作成するとお得になることもあります。 またかつては電報は一社のみが取り扱っていましたが、最近ではいろいろな会社が参入しています。 会社によってサービスの内容や価格が違うので、ネットでよく確認して比較して選ぶとより一層ニーズにあった祝電を送ることができます。