sweet couple

お返しのあれこれ

結婚祝いのお返しマナー

結婚する際にお祝い金や品物をもらった場合、すぐにお礼状、お礼の手紙を出しましょう。それとは別に結婚祝いのお返しをするのがマナーです。結婚式に参列してくれる人の場合は、結婚式に招待し、お料理や引き出物を渡すことが結婚祝いのお返しになります。結婚式に招待できなかった場合は、結婚後1か月以内にお返しの品物を送ります。結婚祝いのお返しの品は、もらったものの金額の半額ぐらいのものを用意します。半額ほどのものを返すことを半返しといい、もらった金額より高いものを返すのはかえって失礼にあたります。送る相手ごとに品物を選ぶことがおすすめですが、人数が多くなると大変な作業です。最近人気なのはカタログギフトです。カタログギフトは、もらった相手が欲しいものを選ぶことができるシステムのものです。

カタログギフトを利用するメリット

結婚祝いのお返しにカタログギフトを利用するメリットは、送られた相手が欲しいものをもらえるという点です。お返しでもらう人気商品に、ギフトカードや商品券が挙げられますが、金額がわかってしまうことで敬遠される場合があります。カタログギフトはさまざまな値段設定のカタログが用意されていますが、金額がわかりにくい点がメリットといえます。商品の種類も豊富で、食品や食器、日用品やおもちゃ、衣類など好みのものを選べるよう幅広いジャンルを取り扱っています。式場で注文依頼することもできますし、インターネットが普及した現代においてはネット注文できるサイトもたくさん存在します。結婚祝いだけでなく、出産祝いや香典返しなどのお返しにカタログギフトを利用する人も増えています。