sweet couple

電報以外にも使用

長く飾れるプリザーブドフラワー

やむを得ず結婚式に参列できなかった場合、お祝いの電報を贈るのが通例です。台紙形式の電報を始め、ぬいぐるみ付きやバルーン付きなど見た目でも楽しめる電報が増えてきています。プリザーブドフラワー電報も人気のひとつです。人気の理由は、結婚式後も長く楽しめることです。プリザーブドフラワーは生花に特殊な液体を注入することによって、鮮やかな色合いを保つことができるものです。また、生花では実現しない色を表現することができ、色のバリエーションが豊富です。結婚式直後はバタバタして花を観賞する時間も少ないでしょう。プリザーブドフラワーなら、結婚式後も飾って楽しむことができるのです。湿気と室温に気を付ければ長持ちします。多湿の日本の気候の場合は、数か月から数年持つものが多いです。

結婚式以外のシーンにも人気

結婚式以外のお祝いシーンにもプリザーブドフラワー電報はおすすめです。最近では、バレンタインデーやホワイトデーにも利用できるような商品が登場しています。特殊技術で花の色を変えられることから、現実には存在しないチョコレート色の花を制作し、チョコとセットでバレンタインデー用に販売している商品もあります。また、合格祝いの記念になるようなプリザーブドフラワー電報やオルゴール付きの商品もあります。誕生日や母の日、開店祝いなどにもプリザーブドフラワー電報はおすすめです。 お祝いのシーンでのみ活躍するイメージのプリザーブドフラワーですが、お悔やみ電報の商品にもなっています。水やりが不要なため、供花としても飾っておくことができます。